日々のちょっとした発見・感動・幸せの元を、文と写真で紹介していきます。


by crystalmy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プーケット旅行 *2日目*その2

日本からこの日のオプショナルツアーを予約したとき、
昼間はコーラル島へ
夜はプーケットファンタジーというショーへ
行くという、それだけのはずでした。

でも現地ガイドさんの親切なアドバイスにより
空き時間を有効に活用でき
予定外にも
・象に乗る
・エステをする
までできちゃいました。

e0069895_230460.jpg
人生初の象乗り。
ゆったりした歩き方で
ゆっさゆっさ揺れるけれど
乗り心地は上場。

ただーし、油断すると落ちそう。
象さんの背中にくっつける
足裏の力をゆるめないことが
重要です。


e0069895_234638.jpg約30分の周遊コース。
途中、現地の子供たちに遭遇。

彼らにとっては象がこうやって
見知らぬ観光客を乗せて
のっしのっし歩いてる姿を見るのが
日常なんだよね。

私たちにとっては
これってすごく非日常体験。
何だか不思議。



e0069895_2373996.jpg
私たちを乗せた象の運転士さんは
あまり愛想もなくしゃべらない人。

ただひたすらに象の耳を
ちょいちょい蹴って
行き先をあやつり、
そしてある時から
何やら内職を始めました。



e0069895_23101761.jpg

象は途中びっくりするくらいの
急な坂も
ゆっくりしっかり歩いてくれました。

途中から景色は
ゴムの木が一面にある風景に。
アジアに来たー。
と実感しました。


e0069895_23123636.jpg
ゴムの木を間近で
しかもこんなにたくさん見れたことに
感動していた頃、
ひょいとお兄さんから渡されたこれ。

葉っぱでできた
リアルなバッタ。

お兄さん、あなたの器用さ、
すごすぎますよ!!!


e0069895_2315367.jpg
そして再び象を操りつつ、
黙々と手作業もしていたお兄さんから
第2弾のプレゼントはこれ。

ゆらゆら飛んでるように揺れる
かわいらしい鳥です。

象に乗っただけでも満足なのに
こういうプレゼントもあったら
満足度はなまるです。



あんなに寡黙だったのに、
象を降りる直前になって
「チップチップ」と言ってきた彼。
素晴らしいプレゼントもらったのでもちろんあげますよ。

あげたら当たり前のように無表情で受取り、
やっぱり愛想はあまりなかった彼。
でもこの2つの予期せぬおみやげは
かな~り嬉しかった!


満足感にひたりつつ、
お楽しみのエステに向かいます。
[PR]
by crystalmy | 2009-05-10 23:20 | 旅行