日々のちょっとした発見・感動・幸せの元を、文と写真で紹介していきます。


by crystalmy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

20代最後の夏。

夏が終わった。
先週半ば過ぎから本当にそう感じられる気候になってきた。

今年の夏は”猛暑”。
暑くて暑くて、何度夜中に寝苦しさで起きたことか。
汗もたくさんかいたことか。
「はよ涼しくなって~」と願いつつ、
でもいつもの夏ほど本気でそうは思ってなかった。

だって今年の夏は”20代最後の夏”だったから。
「終わらないで!夏。」
と願う気持ちの方が大きかった気がする。

とにかくやり残したと後悔のないように過ごしたかった。

e0069895_171416.jpg
大学3年の時に買った浴衣を着て
花火を観に行った。
いつもだったら、暑いし歩くから私服で、
となってしまう気持ちにも、
「20代最後に着ないでどうする!」と浴衣で。

旅館とかレンタルで来たことはあっても
自分の浴衣を着るのは実に8年ぶりくらい。
やっぱり自分のが1番だ。
ピンクの帯いつまで締められるかな。



e0069895_1724131.jpg
大好きな新潟市へ。
思い出の地を巡るには時間がなさすぎたけど、
市内を一望できる朱鷺メッセの展望台へ。
昔住んでいた時の色んな思い出が蘇ります。

またこの街に住みたいよー、
と思います。
この街に住んでいた頃のあの24,5歳の頃に
戻りたいよーとも思います。



e0069895_1771178.jpg
新潟へはあえて平日に年休を取って行き、
当時お世話になった上司達を誘い、
飲みに行きました。

思い出話に花が咲き、
とにかくとにかく楽しい時間だった。
新潟に帰った時は、
いつかこうやってまたおしゃべりがしたいって
ずっと思っていた。
実現できて嬉しかった。


e0069895_1711216.jpg
新潟から上越へ列車で移動。
旅の手段として乗るこの電車、
新人の頃、初めての泊り出張先へ行くために、
1人で緊張しながら乗った電車。
あの時、緊張しながらも車窓の景色に
癒され・そして興奮したのを覚えてる。

いつかまた乗って見たいと思っていた景色に
20代のうちに再会できた。


e0069895_17161240.jpg
のんびり過ごそうと決めていた週末に
友達から「ヨット教室に行ってみない?」とお誘いが。
疲れたくない+酔いたくない
ってことで断ろうかと思ったけれど、
ここでも「20代最後なのに挑戦しないでどうする?!」と心の声が。

人生初のヨット体験。
想像以上にスポーツでハード。
楽しかった~!!酔うまでは。
風がなくなり、小舟がぷ~かぷかしだした途端
酔って撃沈・・・。

まぁ、きっともう二度と乗らない(笑)




などなど
・・・・・・・・

最近会った同い年で、既に30歳になった人達に聞いても
たいていの人は「20代最後の〇〇」という意識はしなかったらしい。
私は何でこんなに気にしてたんだろう?!
気にしないで過ごせたらどんなに楽か。
でも気にして意識的に思い出に残る夏を過ごしたい!って思って行動したことで、
後悔のない夏になったかな。
やりたいことはもっともっとたくさんあったけど、
それら全てをやるには時間と体力が、ね。
それらは来年からの楽しみにとっておければいい。


夏が終わって秋が来た。
もう”20代最後の秋”とかいう意識は全くない。
淋しいようで、何かに捉われなくなった感じでちょっとほっとしてる。
不思議だね。
夏だけはついつい意識してしまうんだから。
10代最後の夏もそうだった気がする。
[PR]
by crystalmy | 2010-09-26 17:29 | 日常の出来事